今日の本 mina perhonen
紋黄蝶 2011 Spring / Summer Collection

本、というか、ミナペルフォネンのカタログですが

秀逸。かなりステキな仕上がりになっています。
幅40センチ、縦50センチ程度のクラフトを切り取り線に沿って開けると、同じようなサイズの大きな冊子。小さなコマの写真が紙面全体にレイアウトされ、それがどこまでも、どこまでも続いていく。
写真は新津保建秀さんが撮影。アートディレクションはminaのカタログやショーのインビテーションなどを手がけてきたGRAPHの北川一成さん。
新津保建秀さんの空気感漂う写真に目を離せません。
モデルの小松菜奈さんが、マンションの窓から外を見つめる写真。緑の植物をバックに佇む写真。そこに映るミナの服。服のディテールを見せる、というよりは、その服を着たときに感じる世界観、物語の中に入ったような感覚。そう。ミナの服は、日常の装いでもあり、物語の衣装でもあるのかも。そんな事を感じさせます。

冊子に加えて、写真をプリントしたフォトカードや、儚い印象の小冊子もセットになっています。さらに、小さな写真を大きく見られるルーペまで!
カタログというよりは、写真集。デザイン、プリントのこだわりも、さすがGRAPHといった感じです。


…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………